レビトラとバイアグラの違い

レビトラとバイアグラの違い

バイアグラとよく比較されるレビトラというED治療薬。

レビトラはバイアグラに次ぐED治療薬だけあって、バイアグラの弱点であったところを改善した形で登場しました。

そのことから、レビトラは”バイアグラの強化版”とも呼ばれたりします。

その違いが顕著にわかる強化ポイントは食事による影響でしょう。

レビトラの特徴として食事の影響を受けにくいという点があります。

ですのでバイアグラに比べて、食事と服用のタイミングのプレッシャーが軽減されたと言われています。

ただ、まったく受けないというわけではないので、理想的なのは食後30分から1時間程度おいてから服用することです。

そして、レビトラの最大の特徴は即効性です。

服用後15分から30分程度で効果の発現がみられるとされています。

したがって、服用のタイミングを見計らえばより効果的に使用することができるのです。

また、現存するED治療薬の中でも最も効果が強いとされているのもレビトラです。

重度のED患者の間でレビトラを使用している方が多いと言われるほどです。

レビトラの魅力はこれだけではありません。

副作用などを含めレビトラについてもっと詳しく知りたい方はこちらを参考にされるとよいでしょう。

http://clocktowerentertainment.com/levitra/

copyright(C)なぜシアリスなのか